ドローン検定1級の資格の特徴とは

ドローン検定協会のドローン検定1級は、民間のドローン資格の一つであり、取得によって様々なメリットが期待できます。
この記事では、ドローン検定1級(ドローン検定協会)の特徴やメリット、取得方法等を紹介していきます。

ドローン検定1級とは

ドローン検定(無人航空従事者試験)は、ドローン検定協会による、ドローンの民間資格の一つです。
数あるドローン資格の中でも、ドローン検定は認定者数ナンバー1という調査結果もあり、知名度の高い資格であると言えるでしょう。
ドローン検定はドローンを取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的としています。
試験は筆記のみなので、これまでドローンを飛行させた経験がない方でも受験しやすく、今後ドローンを飛行させたいと考えている方にもおすすめです。
またドローン検定は1級から4級まで分かれていて、1級は取得難易度も高いです。
ドローン1級を所持することにより、ドローンを安全に飛行させるための知識を有していることを証明でき、趣味でもビジネスでも様々なメリットが期待できます。

ドローン検定1級を取得するメリット

ドローン検定1級を取得するメリットはたくさんあります。
  • 国土交通省への許可承認申請時に証明書を添付できる
  • 基礎技能講習受講時に座学1(4時間)が免除される
  • ドローンの安全な活用に必要な最低限の知識を確実に身に着けられる
  • ロゴを名刺やホームページに掲載できスキルをアピールできる
  • Q&Aコミュニティサービスに参加可能
  • 飛行ログサービスを使用可能
  • 提携団体等の各種講習の受講資格を得られる
  • ドローン検定オリジナルグッズを購入できる
  • 希望するとドローン検定協会ホームページにプロフィール掲載可能
  • など。
    ドローン検定の中で、1級は最も難易度の高い資格です。
    出題範囲も広く、専門的な知識も問われるため、ドローン検定1級を取得できると、ドローンに関する知識を有していることのアピールがしやすくなります。
    また1級取得者になると、ドローン検定協会の公式ホームページに名前や所属先・連絡先、メッセージやURL等のプロフィールを掲載できる(希望者のみ)のもメリットです。
    ドローン検定1級を取得することで、安全に飛行させる知識が備わっていることを証明できるため、ビジネスで大きく役立つでしょう。

    ドローン検定1級の対象年齢

    ドローン検定の公式ページには、対象年齢は明記されていません。
    ただし、ドローン検定1級と2級を受験するには、それぞれ下の級の資格取得が必要です。

    ドローン検定1級に必要な技能・知識

    ドローン検定は、級が上がるにつれて出題範囲が広くなります。
    ドローン検定1級の出題範囲は以下の通りです。
    • 基礎知識(用語・動作・組織/制度/国際情勢・単位・基礎数学)
    • 物理学(力学・熱量学・流体力学・電磁気学)
    • 工学(航空工学・電気電子工学・材料工学・流体工学・無線工学)
    • 気象(気象学基礎・航空気象学)
    • 専門知識(機体構造・姿勢制御・動力/バッテリー・送信機・GNSS・リスク/メディカル・TEM/SRM/CRM・責任/保険・航法・飛行計画/記録)
    • 法令(無人航空機関係・電波関連・航空法全般・その他ルール)
    このようにドローン検定1級では、物理学や工学、気象、専門知識等、ドローンに関する専門性の高い知識が必要となります。
    試験対策は、受験を申し込むと届くPDFファイル(テキスト)で行います。
    2級・3級の内容も出題されるため、公式のテキストで試験対策をしておくのがおすすめです。

    ドローン検定1級の受験料

    ドローン検定1級の受験料は、税込で18,800円と、他のドローン資格よりも比較的費用を抑えて取得できます。

    ドローン検定1級の受験地

    ドローン検定1級は、全国の検定会場で受けられ、北海道から沖縄県まで、それぞれの都道府県で会場が設置されています。
    ただし、各会場で定員を超えてしまうと期限前に受付を終了してしまう場合があるため、受験を決めている方は、なるべく早めにお申し込みをしましょう。

    まとめ

    ドローン検定1級の取得により、ドローンに関する知識を十分に身につけることができ、またその証明もできます。
    ドローン検定1級から4級の中で最も取得難易度の高い資格となるため、知識の証明にも、より役立つでしょう。
    ドローンを安全に飛ばしたい方や、ビジネスに活用されている方は、ぜひドローン検定1級の取得に挑戦してみましょう。

    あわせて読みたい