ドローンの飛行可能距離は?

ドローンは実際、どのくらいの距離を飛行できるのでしょうか?
結論から言いますと、ドローンの飛行可能な直線距離は目に見える範囲までです。
目視内以上の距離を飛ばしたい時には、申請・承認が必要となり、性能的にそれ以上の飛行が可能な機体でも、申請しなければ目視圏外の飛行は違法になってしまいます。
この記事ではドローンの飛行距離について詳しく解説していきます。

ドローンの飛行可能距離は

航空局長の承認を得る申請を必要としないのは、目視できる範囲での飛行のみです。
大体の目視可能範囲は、一般的に100m~300mほどで、それ以上の飛行を無許可で行うと、航空法違反として処罰の対象となります。
また、高度150m以上の飛行も申請が必要となるため、許可・承認を受けない場合、ドローンの飛行可能距離は、高度150m未満、目視できる範囲というのが目安となります。
飛行可能距離は機体によって様々ですが、性能上2,000m以上のフライトができるドローンが多く、目視内距離より遥かに長い距離を飛ぶことができます。
目視外飛行の申請をせず、目視内のみでのフライトを考えているのであれば、飛行可能距離に優れた機体を選ぶ必要はないかもしれません。

距離に関しての​​航空法

補助者などではなく、ドローンを飛行させている本人が、眼鏡以外のカメラや双眼鏡などは使用しない状態で、しっかり機体を見ることができている状態を「目視圏内の飛行」といいます。

目視外飛行について

目視外飛行の申請をした際、承認を得るためには事前の訓練が必要になります。
承認を得た場合にも、「目視人」の配置が条件となります。
操縦者からドローンが見えなくとも、必ず機体の状態を把握できるアシスタントを配置する必要があるということです。
目視人とトランシーバーなどで連絡を取り合い、常にドローンの状況を確認し合うようにしてください。

伝送距離とは

申請をし目視範囲外のフライト許可を得た場合や、目視できる範囲内を周遊をする際、飛行距離を左右するのは伝送距離です。
伝送距離とは、送信機からドローンに電波が届く距離のことです。
ドローンの飛行可能距離は、=伝送距離といえます。
しかしそれは、無風・障害物なし」という状況下において、という条件付きです。
実際はメーカーが謳う飛行距離の半分ほどの距離が、現実的な飛行可能距離となります。

送信機とスマホによる伝送距離の違い

ドローンは基本的に、プロポと呼ばれる送信機やスマートフォンを電波(Wi-Fi)に繋げてフライトしています。
送信機を使用したフライトが主流ですが、最近ではほとんどのドローンに、専用のアプリをインストールすればスマホだけで操作できる機能が搭載されており、スマホで飛行させる人も増えてきました。
送信機+モニターがなくとも手軽にスマホ1つでフライトさせることができるので、室内の点検作業などの短時間飛行、出先の飛行で荷物を減らしたい時、 撮影映像をすぐにSNS等にアップしたい時など、手軽・身軽にドローンを飛ばしたい場面の多い人にはスマホWi-Fiは便利です。
しかし、送信機を使用した際の飛行可能距離は2〜4kmに対し、スマホ使用になると80~100mとかなり短くなってしまいます。
送信機はドローン専用機器ですが、スマートフォンは専用機器ではなく、効率よくドローンに電波を送受信できる仕様ではないからです。

スマホによる飛行は注意が必要

簡単で手軽なスマホWi-Fiを使ったドローン飛行ですが、フライトさせる際はいくつかの注意点があります。

電波干渉を受けやすい

日本国内でドローンを飛ばす時に使われている電波帯である2.4GHz帯は、資格や届けも不要で使うことができますが、伝送が途切れやすいという弱点があります。
電話や無線LANなど、多くの通信機器に使用されている周波数帯なので、電波干渉を受けやすいからです。
また、混雑した場所などでは、違う周波数のものと噛み合ってしまい、これも電波途絶の原因となってしまいます。
ドローンをスマホのWi-Fiで飛行させるときは、周りに電波塔や他のWi-Fiを使用した通信機器がないか確認するなどして、電波途絶が起きにくい場所かどうかのチェックをしましょう。

飛距離が短くなる

スマホのWi-Fi使用の場合、送信機よりも飛行距離が短くなるため伝送距離にも注意が必要です。
Wi-Fi中継機を利用することで、若干飛行距離を伸ばすことが出来ます。
ドローンと中継機の相性や、飛ばす環境のWi-Fi状況によって飛ばせる距離は変わってくるので、使用する際はモニターを注視し、電波ロストしないように気をつけてください。

長距離飛行時のバッテリーについて

容量の大きさと飛行可能距離は比例しない

長距離飛行の要はなんといってもバッテリーです。
基本的に大容量の機体の方が長時間飛行が可能ですが、全ての機体がバッテリー容量の大きさと飛行時間が比例するわけではありません。
容量が約2倍以上あるのに飛行時間が短い、という機体もあり、様々な機能が搭載され、消費電力も多い為にフライトできる時間が短くなってしまいます。
シンプルなドローンの方が長距離飛行には向いています。

バッテリー切れには要注意

飛行中のバッテリー残量には常に気にかけていなければなりません。
バッテリーの消費を早める要因はいくつかあります。

気温

気温が低いとバッテリー消費が早まります。
ドローンに使用されているリポバッテリーは化学反応で電気を作っていて、低気温下ではその反応が鈍くなり電圧が下がってしまためです。
フライト前には気温のチェックを行い、低気温の中ドローンを飛ばす際はバッテリーを出発直前まで冷やさないようにしましょう。

積載重量

ドローン本体が重くなればなるほど、バッテリーの減りは早くなります。
長距離飛行の際は身軽の状態で飛行させましょう。

高度

高度が高くなると空気が薄くなり、より多くの推力が必要となりバッテリーの消費も早まってしまいます。
高度の上げすぎには気をつけましょう。

まとめ

今回はドローンの飛行距離についてまとめました。
承認・申請を必要としない飛行可能距離は、高度150m未満、目視できる範囲(100m~300m程度)が目安です。
ドローンの飛行距離には、伝送距離というものが大きく関わってきます。
伝送距離とは、送信機からドローンに電波が届く距離のことであり、飛行可能距離=伝送距離」といえます。
送信機とスマホによって伝送距離は違い、送信機を使用した際の飛行可能距離は2〜4kmに対し、スマホ使用になると80~100mとかなり短くなります。
また、バッテリー容量の大きいものでも飛行時間には比例しないため、長距離飛行をさせる際は、消費電力の少ない、シンプルなドローンを選びましょう。
しっかりと決まりを守り、安全にドローンを活躍させてください。

あわせて読みたい