【初心者向け】ドローン操作用語

現在ドローンは空撮をはじめ農業・林業といった一次産業、各種施設の点検、災害救助と幅広い用途での活用が進んでいます。
この記事では、ドローン初心者の方向けに、ドローンを活用する際に覚えておきたい操作用語についてまとめました。

ドローンの基本的な操作用語

ホバリング

ホバリングは、空中でドローンを静止させる、またはその状態にする操作のことで、ドローンを飛行させる技術と同様に、重要な技術です。
万が一GPSの故障や機体に異常があった際に、墜落や激突を防ぐためにも空中で安定させる必要があり、その際ホバリング技術は欠かせません。

スロットル

スロットルは、ドローンを上昇・下降させる操作のことで、機体の高度を制御するために重要な操作です。
操作方法は基本的に、右スティックを上げることで機体は上昇し、下げることで下降します。

ピッチ(エレベータ)

ピッチとは、ドローンの前後の傾きの操作のことで、「エレベーター」とも呼ばれています。
ピッチは、平面座標を制御するために必要な操作です。

エルロン

エルロンとは、ドローンを左右に移動させる操作のことで、ピッチのように平面座標を制御するために必要な操作です。
飛行動作と同じようにスティックを左右に動かすことで、横方向に移動します。

ラダー

ラダーとは、ドローンを左右に旋回させる操作のことで、ドローンの進行方向となる方位を制御するために必要な操作です。

まとめ

今回はドローンを利用するなら覚えておきたい操作用語を紹介しました。
今回ご紹介した用語の他にもドローン用語はありますが、まずは基本用語を覚えましょう。