ドローンの歴史とは?誕生や開発の目的について

最近誕生したと思われるドローンですが、実は誕生したのは今よりもずっと昔です。
この記事では、ドローンが開発された目的やドローンの歴史を解説します。

ドローンが開発された理由とは

ドローンが開発された時期は第2次世界大戦中で、軍事目的でドローンが開発されました。
開発目的は、爆弾を搭載させたドローンを敵の機体に衝突させ爆発させるためのものでした。
1970年代には電子部品の小型化や高性能化によってドローンの開発がさらに進み、この頃に敵地の偵察を目的とするドローンの開発が行われました。

ドローンの開発者は誰か?

ドローンは第2次世界大戦中に開発が開始されたもので、軍事機密のために開発者は公開されていません。

ドローンの歴史

ドローンは軍事目的で始まり、現在は色々な分野で活用されている機体です。
時代ごとのドローンの用途を紹介します。

1940年頃(第二次世界大戦)

日本の「低翼単葉ロボット機」やイギリスの「Queen Bee」など、様々な国が軍事目的でドローンの開発を進めていました。
戦争によって技術力の競争が起こり無人航空機が発展していきました。

1950年代~1970年代

この時代はドローンが本格的に導入・発展した時代でもあり、発展の裏にはドローンによる偵察が主な目的となったことや、無線機の小型化や電子誘導装置が発達したことがあり、この時代に現在のドローンの性能に近づいてきました。

1980年~2010年

通信機器や画像電子機器やといった技術面やコンピュータの発達により、ドローンの制御技術が格段と躍進致しました。
軍事目的としたドローンの活用がメインでしたが、日本のヤマハ発動機が1987年に世界初の産業用無人ヘリを開発するなど、軍事用として開発が進んだドローンは、今度は産業分野で活躍するようになりました。

2010年~現在

ドローンの低価格と性能の向上により、ドローン市場は格段と成長しました。
誰でもドローンを買え、自由に飛ばせるようになったことで、ドローンの用途も開拓され、空撮に限らず屋根点検や測量など様々な業務に活かされるようになっています。
ドローンは軍事用・産業用としての開発を経て、現在では娯楽として世界中の人に親しまれています。

ドローンのこれから

ドローンの歴史は軍事目的から始まり、ネットの高速化やAI(人工知能)の発展によりドローン自体も日々進化を続けています。
今では空撮や点検業務に限らずドローンレースなどドローンの用途は格段と広がってき市場規模も拡大していきます。

まとめ

今回はドローンの歴史について紹介しました。
かつては軍事目的で開発されていたドローンですが今では色々な分野で活用されるようになりました。
これからより市場も大きくなり、生活を豊かにしてくれるでしょう。

あわせて読みたい