ドローンの国家資格【資格取得までの流れ】

2022年12月5日にドローンの操縦ライセンス制度がスタートしました。
この記事では、ドローンの国家資格取得までの流れを解説します。

国家資格取得までの流れ

初めて無人航空機操縦士試験を受験する場合、以下のような流れで資格取得を目指します。

①技能証明申請者番号取得

国土交通省が運営管理するドローン情報基盤システム(DIPS2.0)にて本人確認手続きを行い技能証明申請者番号を取得します。

②登録講習機関での受講

学科講習と実地講習を行い、修了証明書を受け取ったら実地試験の免除申込みをします。
※登録講習機関での受講を受けずに指定試験機関での学科及び実地試験を受験することも可能ですが、登録講習機関で受講することにより指定試験機関での実地試験が免除されます。

③試験申し込みシステム利用者登録(アカウント登録)

試験申し込みシステムでDIPS2.0に登録したメールアドレスを入力してアカウントを登録します。

④受験資格確認

試験申し込みシステムにログインし、試験一覧から「受験資格の確認」を選択し、詳細を確認して申込みをします。

⑤学科試験 身体検査の申し込み・受験

試験申し込みシステムにログインし、学科試験と身体検査の申し込みをし、試験を受けます。 ※登録講習機関での受講を受けない場合はここで実地試験の申し込みをし、受験をします。

⑥試験合格証明書発行

試験申し込みシステムにログインし、試験一覧から「試験合格証明書発行」を選択し、詳細を確認して申込みをします。

⑦技能証明発行

取得したアカウントでDIPS2.0にログインし、新規取得の場合は「技能証明書の新規交付」、限定変更の場合は「技能証明の限定変更」を押下し、申請を行います。DIPS2.0に登録された書類発送先の住所に技能証明書が郵送されます。

まとめ

ドローンのライセンス制度がついに始まり、これまで曖昧だった事や法律で不可能だったことが国家資格や法律の整備によって明確になり、これから更なる活用が期待できます。
しかし国家資格についてはまだまだ様々な調整が行われていますので、今後も最新情報のチェックをしましょう。