無人航空機安全運航管理者(JUIDA)とは

ドローンを飛ばしたいと考えている人のなかには、ドローン資格の受験を検討している人もいると思います。
ドローン資格のなかには、JUIDA認定「無人航空機安全運航管理者」という資格があり、受験をするためには、講習を受講する必要があります。
この記事では、「無人航空機安全運航管理者」の特徴や取得するメリットなどを紹介します。

無人航空機安全運航管理者(JUIDA)とは?

「無人航空機安全運航管理者」とは、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)認定のドローンスクールで講座を修了したうえで取得する必要がある資格です。
筆記試験に合格することで、資格を取得でき、試験に合格するとドローンの運航に際して、十分な安全と法律の知識を有していることの証明になります。
「無人航空機安全運航管理者」を学べるコースは主に座学となり、ドローンを安全に運航するための基本知識からリスクアセスメントまでを学習することが特徴です。
多くのスクールは、4日間ほど なお、交付される証明証には期限があり、交付日から2年後が執行期限となるため、期限内に更新手続きを行うよう注意しましょう。

無人航空機安全運航管理者(JUIDA)を取得するメリット

ドローンの国家資格受験に有利に働く

2022年12月にドローンの国家資格が導入され、民間資格のライセンスを取得していると一部試験の省略など、国家資格受験有利に働くようになりました。
なお、国家資格が導入された後も、民間資格は廃止されず共存します。

ドローンビジネスにおいて信頼を得やすい

ドローンビジネスにおいて、クライアントが重要視するのは「安全性」であり、ドローンによる事故を招かないためにも、「ドローンの資格を有した人に優先的に仕事を発注したい」と考えることが少なくありません。
そのため、ドローンビジネスを始めたい人や成功させたい人なら、保有しておきたい資格の1つだといえるでしょう。

飛行許可申請が通りやすい

ドローンを飛行させるためには、国土交通省などの担当管轄へ「飛行許可申請」を行う必要があります。
JUIDAドローン資格証明証を保有していれば、航空局の無人航空機飛行申請に必要な一部書式の提出を免除できます。

無人航空機安全運航管理者(JUIDA)に必要な技能・知識

無人航空機安全運航管理者の資格を取得するためには、以下のような技能や知識が必要です。
  • ドローンの機体の仕組み
  • ドローンに関する法律
  • ドローンの安全な飛行方法
  • ドローンのリスクハザードに関する知識
  • リスクに対する安全管理の手法
  • 多くのドローンスクールが、ドローン初心者でも学びやすいカリキュラムとなっていることが特徴です。
    また、受験するためには「操縦技能証明保有者」である必要があります。操縦技能証明証もJUIDA認定スクールで取得する必要があるため、あらかじめコースを受講しておきましょう。

    まとめ

    ドローンビジネスの市場規模は急拡大しており、今後も需要が高まることが予想されます。
    無人航空機安全運航管理者の資格を保有するメリットはたくさんあります。
    ビジネスシーンや趣味など、あらゆるシーンでドローンを運航する際に、保有しておきたい資格の1つだといえるでしょう。