ドローンプログラミングとは

近年急速に普及しているドローンですが、娯楽用ドローンや競技用ドローン、事業用ドローンの他にも、プログラミングできる教育用ドローンというものがあります。
ドローン・プログラミングの基礎を学べるプログラミング教材としてのドローンが少しずつ市場に投入されており、ドローンを使った学習という新しいプログラミングの学び方が人気を集めています。
この記事では、ドローンプログラミングについて詳しく解説していきます。

ドローンプログラミングで出来ること

ドローンを使ったプログラミングでは以下のようなことが可能です。
  • 操作せずにドローンが自律飛行
  • 事前に指定した経路の飛行
  • 物を検知して自動で回避
  • 学習を進めていくことで、ユーザーが操作せずともドローンだけで自律飛行させることが可能になり、最終的には「ドローン操作用のソフトウェアの開発」や「ドローンを使ったデータ解析」といった分野に繋がります。

    ドローンでプログラミングを学ぶことのメリット

    ドローンでプログラミングを学ぶことには、パソコンだけでの学習では得られないようなメリットもあります。

    需要の高いITスキルが学べる

    日本はIT人材がかなり不足していると言われており、 どこの企業もITスキルを持つ人材を欲しがっている状況です。
    ドローンのように特定の分野に特化しているプログラマーは、IT人材の中でも希少な存在で収入も高い傾向にあります。
    場所や時間に縛られた働き方がしたくない方にもプログラミング学習はおすすめです。

    論理的思考力がアップ

    プログラミングを行うには、正しい順序でプログラムを組まないと、思い通りに動かないため、物事を順序立てて論理的思考力が必須になります。
    プログラミング学習をしていく中で、自然とロジカルな思考が身に付くでしょう。
    また、論理思考力がアップすることで、話やプレゼンテーションに説得力を持たせることができたり、無駄を削減することで生産性を高められたり、さまざまな効果が得られます。

    問題解決力が身に付く

    プログラミングは一度で成功するということはなく、ほとんどがエラーとの戦いです。
    失敗から問題の原因を特定し、何度も試行を繰り返すことでプログラムを完成させていきます。
    プログラムをいくつも作成していく中で、問題の原因を特定する力と解決策を考える力、つまり問題解決力がどんどん向上していくことを実感できるはずです。

    実際にモノを動かせる

    これは通常のプログラミングでは得られない、ドローンのプログラミングならではのメリットです。
    ドローンプログラミングでは、パソコン上だけでのプログラミングと異なり、自分のプログラミングの結果をドローンの動作として見ることが可能です。
    自分のプログラミングによって何かを動かす実感を得やすく、学習のモチベーションを保ち続けることができます。

    まとめ

    ドローンが普及するにつれ、ドローンプログラミングの需要も増えています。
    プログラミングでドローンを操作すると聞くと難しく感じる方が多いかもしれませんが、実際はドローンの動きというわかりやすい形でプログラムの結果が反映されるため、学習が行いやすく、モチベーションを保ち続けることができます。
    また、大人向けだけでなく、小学生などの子供をターゲットにしたドローンプログラミングによる学習イベントも多く開催されています。
    ドローンを操縦するという楽しさから、子供のプログラミング入門にもおすすめです。
    ドローンを動かすためのシンプルでわかりやすいプログラミングは、多くの人がプログラミングを身につけるきっかけを作ってくれるでしょう。