ドローンの仕事の現状や将来性は?

ドローンはまだまだ成長中にある、発展途上のビジネスです。
近年、ドローンで撮影された映像をテレビで見たり、仕事でドローンが活躍する機会なども増え、ドローンの認知度も高まってきました。
「ドローン業界は将来性がある」と言われていますが、実際はどうなのでしょうか?
この記事では、ドローン業界の現状や将来性について解説します。

現状あるドローンの仕事とは

現状としてドローンに関連する仕事は、「空撮」や「農薬散布」が大半を占めており、近年では簡単な点検作業も増加してます。
最近はテレビ番組のロケでもドローンを利用して撮影することが増え、気軽に周辺の全体映像が撮影できます。
地方では農薬散布にドローンが活用されており、ドローンを操縦できる人が操縦できない農家の人の代わりに農薬を散布する仕事もあります。
他にも「トンネルや橋梁」や「海上の点検」など、人が少ない危険な場所でドローンが利用されています。
現状では、ドローンに関連する求人が少なく、技術者がとても多いわけではないので年収が高くなる傾向にあります。
特に点検作業などは操作や設定が空撮より難しいため、その分年収も高く設定されています。
また、農薬散布の多くは単発で働くことが多いので、副業として活動している人も多くいます。

ドローンの仕事の将来性について

ドローン業界に関するレポートを多数発行しているDRONE INDUSTRY INSIGHTS(DRONEII)によると、ドローン業界は今後も成長していき、 ドローンの市場規模は、2025年には6500億になると予想されています。
2022年現在が3000億ほどなので、3年で2倍以上に市場は拡大される見込みです。
それに伴いドローンを使った仕事なども増え市場が拡大することが予想され、今後ドローンが当たり前となった“ドローン前提社会”がやってきます。
今からドローンに関する仕事を始めたいと思っている方には、まだまだ将来性はあります。
また、2022年12月のドローンの国家資格化が実現すれば、レベル4飛行も可能になり、 これが実現できればドローンによる物流などの市場もさらに拡大するでしょう。
このように今後もその他ドローンを活用した市場は新しく開拓されると考えられます。

ドローンの仕事を探す前に国家資格の取得を

ドローンは現在、求人が少なく、将来性に少し不安を感じる方もいると思います。
ですが日本でも、ドローンに関する航空法が見直されており、2025年を目途にドローンに関連する仕事が急速に増えるのではないかと言われてます。
ドローンはあくまで道具であり、操縦者に知識や技術がないと仕事はできません。
ドローンの仕事を探す前に、まずはドローンの資格を取得しましょう。
ドローンの資格は、ドローンに関する知識や操縦技術を持っていることの証明になるため、この資格を持っているだけで企業に就職しやすくなります。
将来的な事を考えると現在は、ドローンの国家資格を取得しておくのが得策で、また、ドローンの国家資格を取得した後は、プログラムによってコントロールする技術も勉強しておくと、ドローンショーなどの仕事にも携われるかもしれません。

まとめ

ドローン市場規模は3年で2倍以上に拡大される見込みです。
特に産業面の伸び率が高く、今まで以上にドローンの社会実装が進み、あらゆる業務に使用されるようになり今後ますますドローン操縦士が必要とされると予想できます。
将来的な事を考え、まずはドローンの資格を取得しましょう。
今のうちにドローンに慣れ親しんでおくことは、今後就職や転職に有利に働くといえるでしょう。