DIPS2.0とは?従来のDIPSの違いは?

ドローンを飛行させた経験がある方なら、「DIPS(ドローン情報基盤システム)」という飛行許可承認を申請できるWebサイトを使用したことがあると思います。
DIPSやFISS、DRSの各種システムが統一され「DIPS2.0(ドローン情報基盤システム2.0)」として2022年11月7日にリリースされました。
今回は初めて知る方のために、統合される「DIPS」と「FISS」と「DRS」について簡単に紹介し、「DIPS2.0(ドローン情報基盤システム2.0)」について解説していきます。

統合される3つのサービスについて

DIPSとは

DIPSとは「ドローン情報基盤システム」のことで、目視外飛行や夜間飛行など100g以上のドローンで通常では禁止されている飛行をしたい場合に申請のため利用します。

FISSとは

FISSとは「飛行情報共有機能」のことで、 ドローンを実際に「いつ・どこで・どの範囲で飛ばすのか」を決めた際に登録が必要となります。
FISSは飛行毎に申請が必要で、飛行場所の共由により飛行機やヘリコプターなどの航空機やドローン同士での接触事故を防ぎます。

DRSとは

DRSとは「ドローン登録システム」のことで、 氏名・住所・連絡先などと一緒にドローンの機体情報を登録し所有者とドローンを紐づけます。
登録するすることにより機体番号を取得できます。

DIPS2.0とは?

DIPS2.0は「ドローン情報基盤システム2.0」というシステムの略称であり、ドローン(無人航空機)に関する申請のほとんどをDIPS2.0だけで完結させられるシステムです。
これまで、機体登録をする場合はドローン情報基盤システム(登録機能:DRS)、包括申請など飛行許可承認申請を行う際はドローン情報基盤システム(飛行許可承認申請機能:DIPS)、自分の飛行情報を共有する際はドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能:FISS)と全て別のWebサイトで申請する必要がありました。
新しく導入されたDIPS2.0では 新設されたDIPS2.0では機体登録、飛行許可承認申請、飛行情報共有を1つのWEBサイトで全ての申請をできるようになり、ログインIDやパスワードは全てが従来の登録機能で使われていたログインID/パスワードのみにまとめられるようになりました。

DIPS2.0を使用する上での注意点

DIPS2.0自体は2022年11月7日から使用できますが、改正航空法が施行される2022年12月5日以降に飛行を行う場合、新制度に基づきDIPS2.0で申請をしなければいけません。
従来のDIPSで2022年12月4日までに行った飛行許可承認申請については、2022年12月5日以降であっても許可承認を受けた有効期間中であれば有効となります。そのため、2022年12月5日以降に新たに飛行許可承認申請を行う場合はDIPS2.0で申請しなければなりません。
また、FISSも同様に2022年12月5日以降に行う飛行計画の通報はDIPS2.0で行わなければいけません。2022年12月5日以降の飛行で従来のFISSを使用した飛行計画の通報を行った場合、その通報は無効となるため注意しましょう。