ドローンの「FPV」とは

ドローンについて調べていると、「FPV」という言葉を耳にすることがあります。

FPVとは、ドローンを楽しむために覚えておきたいワードであり、ドローンの醍醐味のひとつともいえる要素です。

ドローン視点が楽しめる「FPV」とは?

「FPV」とは「First Person View(ファースト・パーソン・ビュー)」の略で、一人称視点を意味します。
一人称視点を簡単とはドローンから見た視点のことで、ドローンのFPVの大きな特徴は、ドローンから見える景色をリアルタイムで見ることができる点です。

FPVでの映像は送信機に取り付けたスマホやタブレット、専用のゴーグルなどの画面を通じて、ドローンのカメラが捉えている景色をリアルタイムに見ることができます。
また、ドローンを操縦していても映像を見ることができ、カメラ撮影に対応していれば、写真や映像を撮ることもできます。

FPVの活用方法

FPVドローンは空撮はもちろん、インフラ設備の点検などの業務や、災害救助や事故の場面、エンターテイメントとしてのドローンレースなどにも活用されています。

FPVの仕組み

FPVではドローンに搭載した映像搭載されているカメラが撮影した映像を無線Wi-Fiを通じて操縦者に送信する方法が一般的です。
無線Wi-Fiは2.4GHz帯の周波数であり、ドローンの実際の映像と映し出される映像には若干のタイムロスが存在します。
しかし、このタイムロスは通常の空撮や業務用途では気になることはあまりなく、目視外で極端に場所が狭いところなど、よほどの特殊な状況でない限り、十分に活用できるレベルとなっています。

まとめ

FPVの魅力はドローンならではの視点で空撮を楽しめることです。
また、空撮だけではなく業務、ドローンレースなど、幅広い用途に活用できます。
FPVドローンを操縦するときは、航空法で規制されている基本形態と目視外飛行が必要です。そのため飛行させるときは、国交省に飛行申請を提出し許可証を所持して飛行させてください。