ドローンの事業での活用事例

ドローンの事業での活用

近年、ドローンの活用事例は各分野で広がり続けており注目されている業種の一つとなっています。 ドローンにはセンサーやカメラを搭載できるため、さまざまな用途や分野での活用が期待されています。

ドローンの活用事例

小型・軽量で、手軽に飛行させられるという特性から、従来の方法では不可能だった分野や用途でたくさんの成果を上げているドローンの、分野ごとのさまざまな活用法を紹介します。

農業

分野において、ドローンは主に農薬散布に活用されています。
コンパクトかつ軽量であることから、一人でも農薬の積み下ろしが出来ます。
小規模な農場での散布も、小回りが利き、狭い範囲の散布でも細かく制御できるドローンなら行えます。騒音も少なく、時間帯も気にする必要がありません。

物流

オンライン通販を利用する人は年々増加しており、物流業界やドライバーの負担も大きなものになっています。
配送にドローンを使用すれば、そういった負担を軽減する改善策として非常に有用なものになるとして注目を集めています。

空撮

低空・狭所での撮影ができるドローンを用いた空撮は、映像のクオリティアップを考える上で新たな可能性を秘めており、従来のヘリコプターを用いた空撮と比べると、低コストでの撮影を実現することができるのも大きなメリットです。

点検・整備

建築物などの定期点検の際、特に目視が難しい高所においてドローンが撮影した写真を利用する事例が出てきています。
これまでは目視での高所点検を行っていました。むろん危険が伴いますし、交通量の多い場所などでは大規模な交通整理も必要になり、費用もかさむ点が問題でした。
ドローンを利用すればコストが抑えられ、高所での作業もないため安全性も大幅に高まります。また、作業時間も格段に短くなります。

測量

センサーやカメラを搭載したドローンで上空から測量を行い、広い範囲の地形を三次元的に測ることが出来ます。
低コストかつ少人数での測量が可能で、有人航空機を用いた測量と比べ、より低空から撮影を行うため得られる画像データの解像度も高いです。

まとめ

業界では2022〜2023年を境にドローンがより身近な存在となって全国的に普及するという見方もあります。
また、経済産業省も「空の産業革命に向けたロードマップ」というガイドラインを作成するなど、成長産業の一つとしてドローンを位置付けており、 今後もさらにさまざまな事業でドローンが活用されることが期待されています。