ドローンスクールとは

ドローンスクールとは?

ドローンを飛行させたい人向けに、ドローンスクールというものがあります。
ドローンスクールとは名称の通り「ドローンの学校」です。
ドローンスクールでの受講は必須ではありませんが、独学では難しいドローンの操縦に必要な技術や空撮技術、関連法制の知識を身につけ、安全に飛行させることができるようになるため、ドローンスクールに通う人は急増しています。
ドローンスクールは、ドローンを飛行させるために必要な技術や知識を学ぶのに最適な場所です。

ドローンスクールのコースについて

ドローンスクールの講習には、一般コースと、より専門的な知識や技術を学べる特化コースがあります。
一般コースでは、ドローンを飛行するために必要最低限な基本的知識とスキルが学べるため、初めてドローンを飛行する人は一般コースの受講が適しています。
特化コースでは、ビジネスシーンにおいてドローンを活用させたい人などが希望する用途にフォーカスした知識やスキルを学ぶことができます。
いわば応用編であるため、基本的な知識やスキルは持ち合わせていることが前提となっており、一般コースを修了していることが受講条件となっているスクールが多いです。
なお、特定の用途でドローンを飛行したい場合でも用途に特化したコースが見つからなければ、基本的に一般コースが選択肢となります。

ドローンスクールでは何を学べるのか

ドローンスクールのカリキュラムは座学と実技に分かれます。

座学で学べる事

座学ではドローンを操縦するのに必要な基礎知識を学ぶことが出来ます。
ドローンの定義や歴史といったドローンの概論、ドローンの機体の構造や飛行の原理、通信使システムや制御の方法などの技術面の知識、気象や電磁波などの自然科学、航空法や道路交通法などドローンを飛行させるために必要な関連法制、飛行許可や申請の方法などを学べます。

実技で学べる事

実技では実際にドローンを飛行させるスキルを身につけます。
ドローンを前後左右上下に飛行させる練習を行ったりドローンを思い通りに操縦できるように訓練をします。
また、フライトモードを切り替えての操縦、夜間飛行や目視外飛行を想定したシュミレーション、電波状況に応じた対処法、ドローンを安全に飛行させるための飛行前や飛行後の点検・整備の方法も学べます。

ドローンスクールに通うメリット

ドローンスクールに通うことは必須ではないのにもかかわらず、たくさんの人がドローンスクールに通っています。それは以下のようなメリットがあるからです。

認定資格を取得できる

規定の講習を修了すると認定資格(ライセンス)が取得できます。資格を取得することで、ドローンに関する知識や操縦スキルを客観的に証明することができます。
認定資格は国家資格ではなく管理団体が独自に発行する民間資格ではありますが、国土交通省の定める一定の技能を習得している証明になります。
認定資格を持っていれば、飛行許可、申請時にドローンの飛行履歴・知識・能力の確認が簡略化されるといった優遇処置を受けられます。
ビジネスでの活用での場合、認定資格を取得していること自体が顧客の信頼感につながる側面もあります。

基本知識を網羅できる

ドローンを飛行させるために必要な知識は多岐に渡るため、独学で全てを学ぼうと思うと大変です。
ドローンスクールで行われる講習には、必要な内容が集約されており、テキストだけでは学べない実践的な内容も学ぶことが出来ます。
ドローンスクールは、ドローンを操縦する際に必要となる知識やスキルを網羅的に学べる専門の場です。

ドローンスクールの選び方

数多く存在するスクールの中からどこに通うか決める際には、次のポイントに注目して選びましょう。

国土交通省認定スクール

認定スクールとは国土交通大臣の登録を受けているスクールの事で、ドローンスクールには認定スクールとそれ以外のスクールが存在します。 認定スクールでなければ意味がないわけではありませんが、おすすめなのは認定スクールです。飛行申請時に効力を発揮する資格を取得できるのが、認定スクールで受講した場合に限られるからです。
ドローンスクールの大半が認定スクールですが、念のため確認しておきましょう。

コース内容

ドローンスクールによっては、特定の分野に特化したコースが用意されていることがあります。自分に適したコースを提供しているスクールを選びましょう。

費用

受講にかかる費用はスクールやコースにより異なりますが、初心者向けコースであれば比較的安くなる一方、上級者向けコースやビジネス向けコースなどは高くなる傾向にあります。なるべく相場となる金額の範囲内で受講料が設定されているスクールを選んだ方が安全です。
費用が比較的安く設定されているスクールの場合、実技用としてドローンの持ち込みを必須としているところや、有料でドローンのレンタルをしなければならないところもあります。

講師の人数やレベル

講師の人数が生徒の人数に対して少なすぎると、講師が生徒一人ひとりに付いて教える時間が短くなるため、学びは少なくなってしまいます。
また、講師が活躍している分野や今までの実績によって、得られる知識や技術は異なります。
ビジネス用途でしたら、現場経験のある講師が望ましいです。

評判・口コミ

スクールに対して投稿された口コミ等も判断材料になります。
特に、卒業生からの口コミは実際に受講した感想となるため、リアルな情報を得られる場合もあります。

まとめ

ドローンスクールで身つけられるのは、必要知識と操縦スキルです。
スクールで受講することは義務ではありませんが、通うことで認定資格が取得できたり、安心安全なドローン運用が出来るようになったり、様々なメリットや必要性があります。
スクールには国土交通大臣の登録を受けている認定スクールとそうでない場合があります。認定スクールでない場合、講習を修了しても認定資格は得られませんので注意してください。
受講するドローンスクールを選ぶ際には、自分の受講したいコースがあるのかなどあらかじめ確認し、自分に適したスクールを選ぶようにしましょう。